スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

ごきげんいかが?

暑いからといって窓を開けたまま寝ていたせいか、夜中に喉がガラガラして咳き込んで起きるということがここのところ何度か。風邪というわけではないのだけれども。

そういえば風邪をひかなくなった。フルーツ中心の食生活に変えてから多少のことでは風邪をひかなくなったように思う。

喉に刺さった小骨のようにつかえていたことがようやく終わった。久しぶりのストレスだった。
日記 | comments(0) | -

それはただの気分さ

すぐやる、スピードがはやい、ツールで解決する
これらは一般的に生産性が高いとされている。ほんとにそうなのかモヤモヤするポイント。

使い手模写を始めてみた。まだ一回しかやってないけど。それでもかなりの手応えがあったのは事実。だからといって他の事業部の人や他の会社の人にはおすすめしない。手応えを得るにはそれなりの下地が必要なのだ。一年前の自分だったらこの使い手模写をしても手応えを感じることはできなかっただろう。これうまく行ったよーな事例にはそれなりの理由がある。上っ面だけを真似してもだめなのである。上っ面だけを真似させたいけど、競合と呼ばれるようなところには。この辺は喧嘩の仕方なんだろうな。個人的には競合というのはいないけど。競合とは捉えていない。みんなで盛り上げようよ、とした方が楽しそうじゃない? だから。

映画観るの忘れた。
日記 | comments(0) | -

マンチェスター・バイ・ザ・シーを観た

しばらくの間、登場人物の相関図がわからなくて混乱した。人の顔と名前を覚えられないので、洋画だととくに厳しい。なかでも今回はけっこう苦労した。2時間ちょっとの比較的長丁場の映画だけど、そんなに長さを感じなかったなぁ。

 

帰りに立ち飲み屋でいっぱい飲んで帰ってきた。

 

 

Movie | comments(0) | -

夜空はいつでも最高密度の青色だ

最果タヒさんの同名の詩集を読んでいたということもあって、この映画は観たかったのだ。松竹の株主総会に出た人から、その日に限って松竹系の映画館でなら無料で見れるチケットをいただいたので、夜遅かったけど観に行ってきた。途中涙が出そうになったシーンがあった。けどどんなシーンだったかまったく思い出せない。

 

Movie | comments(0) | -

蕎麦屋にて、オランダ人と。

お昼に蕎麦屋に入った。いつものことだ。券売機に外国の方がいてあれこれ思案していた。なんとなくフレンドリーでウェルカムな雰囲気をだしてみた。

 

すると質問してきた。もちろん英語で。

 

どうやらビールを飲みたいらしい。

 

フレンドリーでウェルカムでジェントルなぼくはビールを発券するボタンを教えてあげた。

 

「ボタンが2つあるけどなんか違うのか?」

「一緒だよ」

「そうか」

「どっからきたの」

「オランダ」

「2ビアー?」

「友だちがむこうで待ってるんだよ」

「なるほどー」

 

というような話をした。

最後に丁寧に「ありがとうございました」と言ってきたので「ユーアーウェールカムー」と伝えた。もちろんその時の姿勢は斜め45度にお辞儀をしながら。

 

 

 

 

日記 | comments(0) | -